江頭2:50とは?

江頭2:50とは日本のお笑い芸人。

笑いの為ならば自分の死すらも厭わず

「1クールのレギュラーより1回の伝説」

と称しこれまで数多くの伝説を残してきた男である。

このサイトではこれまで彼が残してきた伝説や彼の生い立ち、エピソードなどを記していこうと思う。

 

生い立ち及び来歴

本名 江頭 秀晴(えがしら ひではる)

佐賀県神崎郡(現:神崎氏)千代田街出身

1965年7月1日生誕

複雑な家庭環境で育つ

(この件について江頭に直接インタビューを行った吉田豪氏が「これは載せられない」とペンを投げてしまうほどの内容だった)

 

1984年佐賀県立神埼高等学校卒業

九州産業大学経済学部経済学科に入学するも1週間で中退

中退後はさまざまな職を転々とした日々を送った後、お笑い芸人を目指し上京。

その背景には当時付き合っていた恋人との破局があった。

上京の際父親には「売れなかったなら死んでくれ」と送り出されたという。

 

上京後はビートたけしに弟子入りすべく出待ちをするなどしていたが

1988年大川興業の公演を見に行った際、感銘を受けて大川興業に入ることを決意。

同年試験に合格し大川興業に入社した。

 

大川興業入社後には「店頭公開」というコンビを組んでいたが相方に逃げられる。

その後「男同士」というコンビを組み、同性愛をテーマとした芸をしていた。

しかし1997年相方が大川興業を退社したため以降はピンで活動し現在に至る。

 

芸風

半裸にスパッツという姿が特徴。

登場するや否やとにかく奇声を発しながら暴れ回るという独特の芸風を持っている。

 

メディアに出始めた頃、視聴者が江頭を本物の精神異常者や狂人と誤解し江頭がテレビに出ただけで抗議の電話が来ることもあった。

 

だが彼が暴れ回るのはあくまでも芸の一種であり、本物の精神異常者というわけではない。

素の本人はいたって真面目で礼儀正しい人物であることは有名である。

 

ワインの一気飲みや大量の塩を丸飲み、水中で長時間息止めを行うなど時折命を落としかねない過激なチャレンジをすることもある。

何かの拍子にスパッツを脱いで全裸になることもしばしば

トルコとタワーレコードで全裸になり捕まったこともある。

 

笑いの為に警察のお世話にもなったことがある彼だが、それは仕事への真剣さ故のものと言えるだろう。

人を笑わせる為なら下品なことをして捕まっても大きな怪我をして死んでもいいという笑いに対する真剣な姿勢を持った彼だからこそ出来ることである。

 

彼はまさに芸人の鑑と言えるだろう。