大脱走!江頭2:50が借金取りから逃れるために行った常識を超えた秘策とは?

もしもあなたが多額の借金を抱えてしまったら・・・?

借りた先が悪ければ借金取りに連日追われることになってしまうかもしれない

あの男もまたそうだった、今回は若き日の江頭2:50が借金から逃れるために行った秘策を紹介しよう。

 

大脱走!逃げるなら穴を掘れ!

出典:Amazon

 

それはまだ彼が世間に認知されていなかった頃

当時はまだ若手のお笑い芸人であった江頭2:50は多額の借金をして借金取りに追われていた。

そこで江頭はこのことを所属事務所の総裁である大川豊に相談したところ「穴を掘ればいいんじゃないか」との回答が返ってきた。

そして畳返しの床下に隠れて借金取りをやり過ごすこと提案、だが借金取りは江頭が住んでいるアパートの大家から部屋の鍵を借りて何時間も部屋に居座り続けていた。

このままでは借金取りが居座っている間に部屋から出られずに床下でミイラになると恐れた彼は、映画「大脱走」さながら床下からアパートの外まで2ヵ月をかけてトンネルを掘ることに成功、一時的にではあるが借金取りから逃れることが出来た。

 

思わぬ落とし穴、ワイドショーでも報道。

しかし平和は長くは続かなかった、あるとき庭の掃除をしていた大家が外からトンネルに落ちてしまいそこからトンネルを逆に辿って江頭の部屋に出てきてしまったという、これまでの経緯が全てが明るみになってしまった。

この事件はワイドショーでも取り上げられ、結果的にではあるが江頭が知名度を上げるきっかけともなった。

なおこのとき江頭は、まだ若いにも関わらず多額の借金を抱えていたことから平成の借金王と称されていた。

 

借金取りから逃れるためにシェルターからトンネルを掘るという常識を超えた発想力は世間の人々に衝撃を与えた、もしも我々が彼と同じように借金取りから追われる身になったときは是非ともこの方法で借金取りをやり過ごしたい。

そもそも借金をしないというのが一番ではあるのだが…(笑)